内視鏡検査のご案内

青山病院の内視鏡検査

最先端の光技術(NBIシステム+拡大)を導入し、精密診断や治療を行っています。

NBIシステム(狭帯域光観察)とは、癌など微細病変の特徴である粘膜表層の毛細血管やわずかな粘膜の肥厚、深部血管などを、光の波長によって画像強調表示する内視鏡ビデオスコープシステム のことです。特殊光観察機能により、 早期発見や術前の病変範囲の精密診断、内視鏡的粘膜下層剥離術を行っています。NBIシステム(狭帯域光観察)とは、癌など微細病変の特徴である粘膜表層の毛細血管やわずかな粘膜の肥厚、深部血管などを、光の波長によって画像強調表示する内視鏡ビデオスコープシステム のことです。特殊光観察機能により、 早期発見や術前の病変範囲の精密診断、内視鏡的粘膜下層剥離術を行っています。

・ヨード染色にかわる低刺激性検査
・微小病変の発見
・低侵襲治療

・これまで発見が困難だった
 表在性癌の発見
・内視鏡による低侵襲治療

・微小癌の的確な診断
・不必要な生検の減少

・色素内視鏡が
 不要になる
・不必要な生検の減少

・分化型、未分化型の識別診断
・範囲診断

・High grade dyplasiaの的確な診断
・低侵襲治療への応用

内科医と外科医の合同で消化器内視鏡検査及び治療を行います。

内視鏡医療にとって求められることは、早期発見・早期治療。
病変の発見や、早急な治療においても医師の判断が不可欠です。当院では消化器内視鏡検査や治療を内科医と外科医との合同で努めることにより、最適な治療方針を確立しています。

※日本消化器内視鏡学会指導施設基準に合致しています。

▲このページのトップへ

胃内視鏡検査の準備と検査の進め方

現状についての医師からの問診と、内視鏡検査についての説明があります。
この時、検査時に「起きた状態」か「眠った状態」かを相談することができます。

※同時に経口か経鼻の選択もできますが、問診結果によっては希望にそえない場合もあります。

前日は午後9時までに夕食を終えてください。

当日は絶飲食です。(朝食を食べずに、飲み物も飲まずに、ご来院ください。)

看護師より検査についての細かい説明があります。

消泡剤、胃液溶解除去剤、水100ccを混ぜたものを飲んで頂きます。
胃の中の泡を取り除き、胃の壁をきれいにするためです。

鼻腔に血管を広げる薬をシュッとスプレーします。次にゼリー状の麻酔薬を塗り、細くて柔らかいチューブを鼻腔に挿入します。そのまま5分~10分待ち、カメラ挿入前にチューブを抜きます。

経口麻酔薬をしばらくのどにためた後、
ゆっくり飲み干します。

※吐き出したい方は、吐き出せます。

step1の問診時に「眠った状態」を希望された方は、静脈注射をします。

観察時間は個人差がありますが、約5分~15分前後で終了します。経鼻方法で「起きたまま」の方は、食道、胃、十二指腸の順位観察していく様子をみていただくことも可能です。

・担当医師より検査内容の説明があります。
・看護師より検査後の注意事項(食事や生活について)の説明があります。

▲このページのトップへ

内視鏡はこわくない!

内視鏡は鼻にスムーズに挿入できる約5mmの細さ。従来の内視鏡と比べて、大幅な細径化の実現で苦痛が軽減されました。

検査中も会話が可能なため、質問したいときには、自由に医師とお話しできます。

内視鏡が舌のつけ根を通らないので、吐き気をほとんど感じずに検査を受けることができます。

鎮静剤を使用して、寝ている間に検査をすませることができます。寝ている間の体の変化は心電図モニタやO2モニタで監視、酸素を吸入しながらなので安全です。

ゴーグル型モニタをかけて検査をうけていただく事も可能なので手に取るように自分の胃のなかを観察できます。

▲このページのトップへ

大腸内視鏡検査の準備と検査の進め方

医師からの問診、内視鏡検査についての説明を受けていただきます。このときに、他院からの処方薬がある方は薬の内容を教えてください。看護師から検査準備に対する説明をします。

前日は繊維質の多い食品(ごぼう・サツマイモ・大根・セロリ・寒天・おから・納豆等)や、消化の悪い物(椎茸・昆布・わかめ・こんにゃく・白滝・玉葱・海苔)、種のあるもの(葡萄・きゅうり・トマト・ごま・苺・スイカ・キウイ)は食べないようにしてください。前日9時以降は絶食です。水・お茶・スポーツドリンクは普段通り飲んで構いません。前日の寝る前(夜10時ごろ)に指定された量のセンノサイド(下剤)を飲んでいただきます。

朝、昼とも食事は食べられません。水分(お茶・水・スポーツドリンク)は普段通りで構いません。血圧の薬、指示のあった薬は飲んでください。特別に指示されなければ糖尿病の薬は服用しないでください。

指定時間に来院してください。診察券、予約券、承諾書を受付に提出してください。内服薬がある方は持参してください。

体調を確認してからナウゼリン(吐き気止め)を服用後、腸内洗浄液を飲み始めます。1リットル飲んだあたりから便が出だします。2リットル飲み終える頃には、黄色い透明の水のような便になります。看護師が確認して検査可能かどうかを判断します。

腸内洗浄が完了したら検査開始です。検査用の紙パンツに着替えたあと点滴をします。検査開始直前に鎮静剤の注射をします。検査は寝ている間に行います。

ポリープ切険されなかった方は、検査終了後しばらく休んだ後に帰宅できます。ふらつくことがあるので車の運転はしないでください。帰宅後の食事は普段通り食べて構いません。ポリープを切除された方は経過観察のため1泊入院となります。

▲このページのトップへ

大腸内視鏡検査でポリープが見つかったら

ポリープとは大腸内に隆起している病変の総称です。
内視鏡的に切除が可能と判断したらその場で切除します。
切除後に頻度は非常に少ないのですが、偶発症が出現する可能性があります。考えられる偶発症として主なものは出血と穿孔(腸に穴があくこと)です。日本内視鏡学会の第3回全国集計によると、偶発症の頻度はポリペクトミーでは0.147%と報告されています。

病理組織検査結果は10日後にわかります。外来受診して結果を聞いてください。

検査日のご案内・ご予約方法

内視鏡検査予約票のダウンロードはこちらからどうぞ

▲このページのトップへ

医師の紹介

内視鏡医療にとって求められることは、早期発見・早期治療。
病変の発見や早急な治療においても医師の判断が不可欠です。当院では消化器内視鏡検査や治療を内科医と外科医との合同で努めることにより、最適な治療方針を確立しています。

副院長:北江秀博
ドクターの詳細
副院長:岡田薫
ドクターの詳細
医師:津本親子
ドクターの詳細
医師:井口宗威
ドクターの詳細
医師:浅田昌輝
ドクターの詳細
医師:長田勇気
ドクターの詳細

▲このページのトップへ