入院・面会のご案内

一般病棟50床 病気やケガをされた方が在宅復帰等を目的として入院する病棟です。
看護師・介護士で看護援助いたします。入院日数に制限は有りますが、ケースワーカーが様々なお困りごとに対応いたします。医療介護相談室を開放しておりますので、入院時の不安や退院後の不安などはご相談ください。
医療療養病棟42床 急性期治療が終了したのち長期療養が必要な方が入院される慢性期病棟です。
療養型病棟(病床)は、医療法によって、長期にわたり療養を必要とする患者のための病床として設定され、定額診療を行っています。医療の必要性が高く、リハビリや療養を必要とする方で、病状が安定している方を対象とした病床です。
回復期リハビリテーション病棟33床 脳血管疾患や大腿骨頚部骨折等の患者さまに対しリハビリテーションを集中的に行う病棟です。
脳血管疾患又は大腿骨頚部骨折等の患者さまに対して、食事・更衣・ 排泄・移動・会話などのADL(日常生活動作)の能力向上による寝たきりの防止と家庭復帰を目的としたリハビリテーションプログラムを医師・看護師・理学療法士・作業療法士等が共同で作成し、これに基づくリハビリテーションを集中的に行うための病棟です。 入院時期が決められており、発症から2ヶ月以内に入院する必要があります。 また国の方針でリハビリテーションが受けられる期間が疾患ごとに決められています。

詳細はこちらから