2021.09.23

秋分の日

入所介護 

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるとおり、秋分の日になると、

    暑さも収まり過ごしやすい気候になってきます。

 

     今年は、9月23日。

秋分の日は昼と夜の長さが同じとなり、この日から昼の長さが短くなっていき夏から秋、そして冬への季節の移り変わりの境の日です

 

  また、秋分の日は秋のお彼岸の中日でもあり、国民の祝日

「先祖を敬い、亡くなった人々を偲ぶ日」として定められています。

お彼岸の「彼岸」とは、極楽浄土をさし、私たちが生きている世界

を「此岸」<しがん>といいます。

 

仏教の考えでは、彼岸は西方にあり、此岸は東方に有るのだそうです。

春分の日と秋分の日は、太陽が真東から昇り真西に沈みます

そのため、彼岸と此岸の距離が最も近くなり、極楽浄土と私たちが通じやすい日と考えられ、ご先祖さまを供養する日となりました。

  

皆さんも、「おはぎ」をお供えして故人を偲びましょう。

 

Related

関連記事

  • 2014/12/30

    入所介護 年末の行事

  • 2014/2/28

    リハビリ課 集団レク 1月

  • 2013/11/24

    健康増進セミナー × ピザ作り

New

新着記事

  • 2021/10/21

    壁一面にコスモス畑

  • 2021/10/19

    グーチョキパー体操

  • 2021/10/14

    9月🍁お誕生日の皆様💛

ブログTOP