2021.07.24

県立高校と介護人材育成を目指し「包括的連携協定」を締結

お知らせ 

社会福祉法人 慈恵園福祉会は2021年7月20日に、「兵庫県立東灘高等学校」と「奨学金」を活用した「介護人材育成」を目指し「包括的連携協定に関する覚書」を締結しました。

(協定締結の様子)

この制度は、東灘高校の学生が卒業後に「奨学金制度」を活用して介護福祉士養成施設(指定校=大阪保健福祉専門学校)で学び、専門学校卒業後に弊法人の介護施設において介護職(介護福祉士)として活躍することを通じ、今後の我が国の介護人材育成確保に寄与することを目的としています。
調印当日は、同校校長の徳山 学先生にご調印いただき、また立会人として木村教頭先生並びに浅田教頭先生にもご同席いただきました。

(同校校長の徳山 学先生が協定書にご調印される様子)

今後は同校を皮切りに、主に関西圏の高等学校と同様の協定締結を成功させ、将来の介護人材を広く募集し育成する活動を継続していきます。

Related

関連記事

  • 2021/7/1

    ウェブサイトリニューアルのお知らせ

  • 2021/7/1

    介護保険施設における食費・居住費と高額介護サービス費の負担額の変更について

  • 2020/7/1

    2020年度 ベトナム人の介護福祉士が入職しました

New

関連記事

  • 2021/10/12

    東洋大学付属姫路高等学校と介護人材育成に向けた連携協定を締結

  • 2021/9/20

    通所リハビリテーションあかしあ事業再開について

  • 2021/9/14

    通所リハビリテーションあかしあにおけるコロナウイルスクラスター発生について

お知らせTOP