回復期リハビリテーション

入院~退院までの流れ

青山病院 回復期リハビリテーション病棟は、ただ入院して毎日リハビリを行うだけではありません。リハビリテーション科だけでなく、内科・消化器内科・消化器外科・外科・脳神経外科・泌尿器科・整形外科・皮膚科・耳鼻咽喉科・眼科・歯科・歯科口腔外科・放射線科があり、患者さまに総合的なサポートをおこないながらスムーズな退院へと導きます。また、退院後も快適な毎日を過ごしていただける様、ご支援いたします。

入棟時動作能力の確認

入院当日に、主治医・病棟スタッフ・リハビリテーションスタッフが患者さまの状態を確認し、主治医の指示に従いサポートを開始します。入院中は、患者さまの状態をチェックリストで確認・伝達し、病院スタッフ全員で統一したサポートができるように努めています。また、回復期リハビリテーション病棟入院中は実生活に基づき、日中は普段着で過ごしていただいております。

入院生活の1日の流れはこちら

リハビリテーション活動

患者さま一人一人に対して退院後の生活を想定し、できない原因をみつけ、必要な動作を治療・訓練します。また、日常生活場面で訓練を行うことで、より実用的な動作能力を獲得することが可能となります。

リハビリの内容はこちら

定期的なカンファレンス/総回診

週に一度、医師による回診を行います。その際、看護師・リハビリテーションスタッフ・医療ソーシャルワーカーが同行し、現在の患者さまの状態やリハビリテーション状況について確認します。さらに、月に一度カンファレンスを行い、そこで現在の問題点や改善点を報告し、スムーズな退院に向けての準備を行います。

リハビリテーションチームについて

退院に向けての取組み

患者様の早期回復が実現できるようリハビリテーションチームが連携し、ベッドサイドや病室周辺などにおいても実生活に基づいた生活動作の機能訓練を実施し、在宅生活に向けた積極的なアプローチを行っています。また退院後の生活を考慮し、必要に応じて退院前に家屋調査を実施し、生活動作の確認や在宅改修などの助言を行ったり、介護サービス事業所との連携などあらゆる不安を払拭できるよう、患者さまの安心と幸せを最重視した家屋調査場面対応を実践しています。

退院後も安心して毎日を過ごしていただくために

退院後のフォローアップとして、デイサービスや介護老人保健施設などの関連施設が充実しています。退院後の生活やリハビリテーションに不安を持たれる患者さまは多くいらっしゃいます。当院では退院後の患者さまも医療ソーシャルワーカーが親身になってサポートします。

▲このページのトップへ

入院生活1日の流れ

患者さまの起床から就寝まで入院生活の大まかな1日の流れを紹介します。

入院生活1日の流れ

▲このページのトップへ

リハビリテーションの内容について

作業療法【OT】

身の回り動作(トイレ・食事・着替え・家事等)の訓練を行います。必要に応じて、職業復帰に向けての訓練を行います。また実際の動作訓練以外に、工作やゲームなどの遊びの要素を含んだ作業を用いた訓練も行っています。理学療法と同様、ベッドサイドより積極的に行っています。

理学療法【PT】

日常生活が困難になった患者さまに対し、関節可動域訓練・筋力増強訓練などによる運動療法や物理療法を行い、寝返り・起き上がり・立ち上がり・歩行などの日常生活に欠かすことのできない動作(基本動作)の獲得を目指し、ベッドサイドより患者さまの状態に応じたリハビリを積極的に行います。

言語聴覚士【ST】
脳出血、脳梗塞などによりことばを理解しにくくなったり、話しにくくなった失語症の患者さま、口の周りや舌の麻痺によってことばが話しにくいといった構音障害を患った患者さま、高次脳機能障害の患者さまに対して評価・訓練を行います。また食べたり飲み込んだりすることに障害のある患者さまに対しても訓練を行っています。発病された患者さまが少しでも早くコミュニケーションが取れるよう、口から食べられるようになるために積極的に取り組んでいます。
入浴
患者さまは週2回、40分の入浴があります。入浴行為は出来る限り患者さま自身で行ってもらい、ケアワーカーが介助にはいります。体をきれいにするだけではなく、患者さまの愚痴を聞いたり、患者さまにくつろいでいただけることを第一に考え、憩いの場になっています。
手浴・足浴
患者さまは週2回、40分の入浴があります。入浴行為は出来る限り患者さま自身で行ってもらい、ケアワーカーが介助にはいります。体をきれいにするだけではなく、患者さまの愚痴を聞いたり、患者さまにくつろいでいただけることを第一に考え、憩いの場になっています。
食事

食事は、あたたかく食べやすいメニューをご用意しています。

▲このページのトップへ