病院概要

病と心を癒す、患者さまのための脳神経医療

職員の行動規範

院長挨拶

院長 田辺 英紀
藤井寺市野中の応神天皇陵横の森に三方を囲まれた、脳と脊髄と神経系の病気の専門病院です。病院の規模は50床とコンパクトですが、本邦でも最高の診断・治療設備と技術を備えています。脳卒中は時間との戦いの病気ですが、脳の治療のための構造・設備の中で、高度な技術をもった医師と専門看護スタッフが無駄なくテキパキと治療にあたる、そして病院スタッフも患者も家族のような心の触れ合いをもちながら・・・そんな病院です。

▲このページのTOPへ

医療安全に対する基本理念

生命を守ることが医療に携わるものの使命であり、どんな些細なことであっても患者さまに損害を与えてはなりません。

しかし、実際の医療現場は決してそうではなく、多くの危険をはらんでいます。特に、最新の医療技術を導入した治療法では、同時に機械操作の不慣れ・経験不足・知識不足などから容易に事故につながりやすく、生命に対する危険性が高い環境になるともいえます。従って、私たち医療に従事する者は、全員が全ての医療行為に対して常に緊張感と危機管理意識を保って行動することが大切です。安全な医療サービスを提供するためには、

  1. 患者さまの身になって、安心して治療を受けられるように努力し続ける。
  2. 安全は、一人一人の誠意と努力を基本とし、チームで取り組むことで達成されるものであり、病院全体の課題である。
  3. インシデントやアクシデントの報告は速やかに行い、迅速な対応に努める。
  4. 人間は誰でもミスを起こす可能性があることを踏まえ、インシデントやアクシデントの根本原因を究明し、
    患者さま・ご家族はもとより、社会への透明性を高め、再発を防ぐ努力をする。
  5. 安全な医療を提供するため、必要な知識・技術・努力などの習得に努める。
  6. マニュアル作成し、職員全体で共有し、必要に応じて改善していく。

院内感染対策指針

院内感染対策指針の目的
この指針は、院内感染の予防・再発防止策および食中毒予防・蔓延防止並びに集団感染事例発生時の適切な対応など、田辺脳神経外科病院(以下「当院」という)における院内感染対策体制を確立し、適切かつ安全で質の高い医療サービスの提供を図ることを目的とする。
院内感染対策指針の目的
当院の院内感染対策は、「医療的なケアを行う際に必然的に起こりうる患者・職員への感染症の伝播リスクを最小化する」との視点に立ち、 全ての患者が感染症を保持し、かつ罹患する危険性を併せ持つと考えて対処する「スタンダードプリコーション」の観点に基づいた医療行為を実践する。あわせて感染経路別予防策を実施する。
個別および病院内外の感染症情報を広く共有して院内感染の危険および発生に迅速に対応することを目指す。
また、院内感染が発生した事例については、速やかに事例を発生させた感染対策システム上の不備や、不十分な点に注目し、その根本原因を究明し、これを改善していく。そして、患者に信頼される医療サービスを提供して、医療の質の向上に寄与することを基本姿勢とする。 こうした基本姿勢をベースにした院内感染対策活動の必要性、重要性を全部署および全職員に周知徹底し、院内共通の課題として積極的な取り組みを行う。

▲このページのTOPへ

施設基準

平成21年9月1日
・一般入院基本料(特別入院基本料)
・療養環境加算(1病棟、38病床)
・医科点数表第2章第10部手術の通則5(歯科点数表第章9部の通則4を含む)および6に掲げる手術
・脳刺激装置植込術(頭蓋内電極植込術を含む)および脳刺激装置交換術
・脊髄刺激装置植込術および脊髄刺激装置交換術
・神経学的検査
・CT撮影及びMRI撮影(マルチスライスCT・MRI 1.5ステラ以上)
・脳血管疾患等リハビリテーション料(III)
・運動器リハビリテーション料(III)
・生活保護法および中国残留邦人等の円滑な帰国促進および永住帰国後の自立の支援に関する
 法律による医療機関
・結核指定医療機関
平成21年9月18日
被爆者一般疾病医療機関
平成21年10月1日
・褥瘡患者管理加算
・栄養管理加算
・入院時食事療養/生活療養(I)
・一般入院基本料(一般13対1入院基本料)
平成21年12月1日
・労働者災害補償保険法施行規則第11条第1項による病院
・労働者災害補償保険法施行規則第13条第1項および第22条の規程による療養の給付並びに
 同法第29条第1項の規定による労働福祉事業としてのアフターケア
平成22年2月1日
薬剤管理指導料
平成22年4月1日
医師事務作業補助体制加算(50対1補助体制加算)
平成22年8月1日
一般入院基本料(一般10対1入院基本料/一般病棟看護必要度評価加算:有)
平成22年9月1日
地域連携診療計画管理料、地域連携診療計画退院時指導料(I)および(II)
平成23年1月1日
救急医療管理加算・乳幼児救急医療管理加算
平成23年1月26日
救急病院指定(平成23年1月26日)
平成24年4月1日
・夜間休日救急搬送医学管理料
・救急搬送患者地域連携紹介加算・受入加算
・看護必要度加算2
平成24年6月1日
・病棟薬剤業務実施加算
平成24年9月1日
・データ提出加算(I)
平成24年12月1日
・急性期看護補助体制加算(50対1)
平成25年4月1日
・一般入院基本料(一般7対1入院基本料)
・脳血管疾患等リハビリテーション料(II)

▲このページのTOPへ

田辺脳神経外科病院概要

名称
医療法人ラポール会 田辺脳神経外科病院
院長
田辺 英紀
所在地
〒583-0014 大阪府藤井寺市野中2-91  ▲詳しいアクセスはこちら
連絡先
TEL:072-937-0012  FAX:072-937-0062
開院年月
平成21年9月1日
診療科目
脳神経外科・脳神経内科
病床数
50床(一般病床)
土地面積
2,002.53m2
延べ床面積
2,678.58m2
設備
手術室2室・ICU6床・観察室4床
医療機器
MRI1.5T 1台・CT(16chマルチスライス) 1台・DSA(パイプレーン)1台・一般撮影・頚動脈エコー
脳波・誘発電位・心電図
その他
術中ナビゲーションシステム・手術用顕微鏡 2台・電子カルテ・電子画像システム・脳冷却装置
関連機関
青山病院  〒583‐0014 大阪府藤井寺市野中4-16-25     青山病院サイトへ
青山第二病院 〒586-0033 大阪府河内長野市喜多町192-1  青山第二病院サイトへ

▲このページのTOPへ

手術実績件数

※1月〜12月/実績件数

  2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
動脈瘤クリッピング術/脳動静脈奇形 36件 49件 39件 31件 36件 33件
脳出血 22件 19件 13件 7件 17件 14件
バイパス 3件 8件 4件 5件 4件 4件
外傷(CSDH含む) 33件 40件 40件 59件 45件 61件
脳腫瘍(下垂体含む) 9件 23件 19件 21件 12件 23件
顔面痙攣(けいれん)・三叉神経痛 18件 16件 16件 16件 12件 25件
脊髄腫瘍/骨髄血管障害 4件 6件 2件 14件 6件 15件
脊髄変性疾患(ヘルニア・狭窄症など) 198件 245件 270件 285件 295件 278件
血管内治療(動脈瘤・CAS) 8件 14件 17件 9件 12件 12件
その他 71件 34件 40件 44件 45件 26件
総手術件数 402件 454件 460件 491件 484件 491件

▲このページのTOPへ