2021.10.12

東洋大学付属姫路高等学校と介護人材育成に向けた連携協定を締結

取り組み お知らせ 

社会福祉法人 恩徳福祉会は2021年10月1日、東洋大学付属姫路高等学校と「包括的連携協定に関する覚書」を締結しました。

(東洋大学付属姫路高等学校校長の大森茂樹先生(右)と当法人理事の早川達道(左)とで記念撮影)

この連携協定は、東洋大学付属姫路高等学校を卒業した生徒が当法人の奨学金制度を活用して介護福祉士養成施設(指定校=姫路福祉保育専門学校等)で学び、卒業後に当法人の介護施設において介護職(介護福祉士)として活躍することを通じ、今後の我が国の介護人材育成・確保に寄与することを目的としています。

(第59回(1977年)全国高等学校野球選手権大会優勝のモニュメントが出迎える東洋大学付属姫路高等学校の正面入口)

今回の東洋大学付属姫路高等学校とのコラボレーションは、本年7月20日に連携を開始させていただきました兵庫県立東灘高等学校に続き2校目の事例となります。今後も、主に関西圏の高等学校と同様の協定を結び、将来の介護人材を広く募集し育成する活動を継続してまいります。

(過去記事「県立高校と介護人材育成を目指し「包括的連携協定」を締結」)

Related

関連記事

  • 2021/7/1

    介護保険施設における食費・居住費と高額介護サービス費の負担額の変更について

  • 2021/7/24

    県立高校と介護人材育成を目指し「包括的連携協定」を締結

  • 2020/10/1

    2020年度 ベトナム人介護福祉士が入職しました。

New

関連記事

  • 2022/5/20

    面会についてのお知らせ

  • 2022/4/1

    法人合併に関するお知らせ

  • 2022/1/20

    法人合併に関するお知らせ

お知らせTOP